Hedge Fund Japan
Hedge Fund Japan ホーム English Version HFJメールマガジン お問い合せはこちら
世界のヘッジファンドモール

ヘッジファンドとは

ヘッジファンドについてよくある質問

ヘッジファンドジャパンのサービス

HFJと同業他社のサービスとの違いは?

ヘッジファンド辞典

投資資金を獲得のための必要12か条

会社案内&HFJ広告ガイド
HFJの掲載記事

・FX ONLINE JAPAN
・ALTERNATIVE ASSETCENTER
・Institutional Investor
・Asia-Pacific Consulting



NEW HEDGE FUNDS 新設ファンド・準備中等 SMALL HEDGE FUNDS 5,000万米ドル以下 LARGE HEDGE FUNDS 5,000万米ドル以上・FOF等
取扱中のファンド一覧に戻る
このファンドのお問い合わせ
このファンドに関するお申し込み、お問い合わせはこちら、またはトップバーのお問い合わせからお願いいたします。
お問い合わせ
NHF 1008
マネージドフューチャーズファンド
新規募集ヘッジファンド−マネージドフューチャーズファンド−年率投資利回り
年率投資利回り目標20%
ファンドマネジャーのトラックレコード:(募集開始予定:2004年第1四半期)
最高経営責任者兼、主任投資ストラテジストは金融市場におけるテクニカルアナリストとして6年間の経験があります。過去4年間は松下で大手金融機関向けのシステム開発を担当していました。カナダ国籍を有し、東京に在住しています。また、カナダテクニカルアナリスト協会の会員でもあります。
最高経営責任者は優秀なシステム開発者として評価されており、ゴールドマン・サックス、モーガン・スタンレー、メリル・リンチ、住友信託銀行等の国際的金融機関に勤務期間中、企業賞を受賞しています。ファンド用自己勘定売買システムを開発しました。また日本語が堪能です。
COO(最高業務執行責任者)はアメリカ国籍を有し、日本に於いて過去4年間自営業をしており、日本語が堪能です。
ファンド戦略−運用資産額−初期資本目標額1,000万米ドル
当ファンドは通貨、エネルギー、金融商品、穀物、メタル、ソフト、株式指数をはじめとする流動性の高い統制グローバル先物契約の分散バスケット取引を行います。当ファンドはシステム主導の方向性を取るトレード戦略に基づき、ハイ・リターンに重点を置いています。
ファンドマネジャーは相関関係のないトレード戦略を組み合わせた独自の手法を開発しました。これは独自のユニークな方法論およびリスク/リターン・プロファイルからもたらされる相乗効果に基づいて選択され組み合わせたものです。このシステムは戦略間のリスクを把握する目的でユニークな資産の横断的リスク評価を使用しています。
投資目標は20%の絶対的な純収益です。委託証拠金の純資産価額に対する割合は預かり資産の約20%と規定しており、ポートフォリオのドローダウンを20%に制限するために損切りのストップロスオーダー(逆指値注文)を置きます。また、先物オプション契約をヘッジ目的で活用します。リスク/リターン・プロファイルは強気です。
最低投資額は25万米ドルです。
トップへ


ホーム | 世界のヘッジファンドモール | ヘッジファンドとは?
ヘッジファンドについてよくある質問 | ヘッジファンドジャパンのサービス
HFJと同業他社のサービスとの違いは? | ヘッジファンド辞典
投資資金を獲得のための必要12か条
| 会社案内&HFJ広告ガイド
プライベートバンキングジャパン
| トップマネージョブス

Copyright:(C) 2000, 2001, 2002 TMJ NetMedia Limited All Rights Reserved.

FinPort Japan ホーム