Hedge Fund Japan
Hedge Fund Japan ホーム English Version HFJメールマガジン お問い合せはこちら
世界のヘッジファンドモール

ヘッジファンドとは

ヘッジファンドについてよくある質問

ヘッジファンドジャパンのサービス

HFJと同業他社のサービスとの違いは?

ヘッジファンド辞典

投資資金を獲得のための必要12か条

会社案内&HFJ広告ガイド
HFJの掲載記事

・FX ONLINE JAPAN
・ALTERNATIVE ASSETCENTER
・Institutional Investor
・Asia-Pacific Consulting



NEW HEDGE FUNDS 新設ファンド・準備中等 SMALL HEDGE FUNDS 5,000万米ドル以下 LARGE HEDGE FUNDS 5,000万米ドル以上・FOF等
取扱中のファンド一覧に戻る
このファンドのお問い合わせ
このファンドに関するお申し込み、お問い合わせはこちら、またはトップバーのお問い合わせからお願いいたします。
お問い合わせ
FOF 3001
マルチ戦略ヘッジファンド
ファンド・オブ・ ファンズ−年率投資利回り(3ファンド)
年率投資利回り: ファンドA=10.30% ファンドB=20.28%
ファンドC=25.59% (1999年6月〜2003年10月)
ファンドマネー ジャーのトラックレコード:55ヶ月
スイス (チューリヒ)に本社を構えるマネージャーは、豊富な経験を生かしたマルチストラテジー型のファンド・オブ・ヘッジファンドです。ゼロ固定運用手数料を採用した最初のヘッジファンドで、私どもの唯一の報酬基準はパフォーマンス料金で す。つまり、私どもの関心はお客様の関心ごとと密に関連しているのです。
投資 チームのヘッドは二人おり、一人は2つの大手ヨーロッパ銀行にてアブソルート・リターン戦略(アジア)のヘッドを務めた経験のあるオーストラリア人。もう 一人は上記でご紹介したトラックレコードをもつヨーロッパでも屈指の資産家の資産運用の為のプライベート・ファミリーオフィスの投資運用していたドイツ人 です。
スイス の本社は日本の運営事務所とはとても強いコネクションがあり、事務所の代表者のなかには日本語が堪能で、現在日本に在住している者もおります。また地元企 業の強い要望により、現在日本でのフィーダー・ファンドを設立中。この商品は、銀行、証券会社、保険会社等を通してファンド提供をする予定です。
ファンド戦略−運用 総資産額−US$2、500万 (これは元からある個人の資産額を除いたもの)目標運用総資産額 ― 2005年第2四半期までにUS$15億
安全性 重視で統制があり柔軟性に高いアプローチはすべての市場コンディションにおいて魅力的且価格変動の低い絶対リターンを可能としています。
投資戦 略間での柔軟な投資割合により総合的なポートフォーリオ・リーターンを増加し、価格変動の減少を目指しています。
リスク 回避、多角的戦略、また徹底したリサーチによる推定投資プロセスが定量・定性分析を可能にしています。
4つの法則に基づいた投資哲学
・さまざまな市場コンディションにて投資家の皆様の資産を維持、強化いたします。
・絶対的リターンに集中 − 相対的パフォーマンスの影に隠れるようなことしません。
・主力市場への低い相関性を備え、リスク調整された魅力的リターンを生み出します。
・リスク回避、徹底的なリサーチによるポートフォーリオの作成、そして、リターンの大きさ ではなく一貫性を達成するモニタリング・プロセスを追及いたします。
トップへ


ホーム | 世界のヘッジファンドモール | ヘッジファンドとは?
ヘッジファンドについてよくある質問 | ヘッジファンドジャパンのサービス
HFJと同業他社のサービスとの違いは? | ヘッジファンド辞典
投資資金を獲得のための必要12か条
| 会社案内&HFJ広告ガイド
プライベートバンキングジャパン
| トップマネージョブス

Copyright:(C) 2000, 2001, 2002 TMJ NetMedia Limited All Rights Reserved.

FinPort Japan ホーム